夜を駆ける

日々、本と喜び、生活と浮き沈みと、一つ一つを文字にできたら。

記事はありません